[OpenBlockS Users page]
[Subject Prev][Subject Next][Thread Prev][Thread Next][Subject Index][Thread Index]

[obu:00187] リモートバックアップ手順 (dump/restore)]


さいの です

openblocksでリモートバックアップを行なう手順を説明します。

折角構築したサーバ環境ですからきちんとバックアップは取っておきたい
ものです。そこでネットワーク経由のリモートダンプについて解説します。
必要なソフトは、e2fsprogsとdumpです。以下のftpサーバにもうすぐ
コンパイル済みパッケージが展開されると思います。(柴田さんよろしく… :)
ftp://his.luky.org/pub/OBU/people/saino/
パッケージは、README.OBSに従ってインストールしてください。

以下に示す例では、OpenBlockS eth0(100Mbps)経由でリモートのHP製
ワークステーション(DDS3がついている)のテープ装置にディスクイ
メージ全体をバックアップし、任意のディレクトリをリストアしています。
約1.1Gのデータバックアップに40分程度かかりました。
(週に一度くらいはバックアップ採取したいものです)

dump/restoreコマンドの詳しい使い方については、
http://www.linux.or.jp/JF/JFdocs/dump-restore-mini-HOWTO.html
に出てますので一読してみてはいかがでしょうか。

以下、具体的なdump/restore手順です

## テープ装置が接続されているサーバ側の処理 ###

テープ装置が接続されているサーバの/etc/hostsにopenblocksのアドレス
を登録する。
192.168.254.254		openblocks	# オープンブロックス

テープ装置が接続されているサーバに/.rhostsというファイルを作成し
以下のように記述してパーミッションを600に設定する。
openblocks	root
# chmod 600 /.rhosts

テープを装着する。ここでテープデバイスは /dev/rmt/0m とする。
(linuxの場合だと /dev/nst0 とかになる)

## openblocks側の処理 ##

テープ装置が接続されているサーバのアドレスを/etc/hostsファイルに
登録する。
192.168.254.10		betty  # リモートサーバ

[root@OpenBlockS tmp]# df -k  <- バックアップするデータ容量の確認
Filesystem           1k-blocks      Used Available Use% Mounted on
/dev/hda1              4501204   1108778   3159486  26% /

###フルダンプ最中はeth1側サービスを停止した方が良いと思う…###
# /sbin/ifconfig eth1 down
(その他余計なプロセスも切った方が無難かも...)

## システムフルダンプの開始 ##

[root@OpenBlockS tmp]# rdump 0fu betty:/dev/rmt/0m /
  DUMP: Connection to betty established.
  DUMP: Date of this level 0 dump: Tue Nov 28 13:41:30 2000
  DUMP: Date of last level 0 dump: the epoch
  DUMP: Dumping /dev/hda1 (/) to /dev/rmt/0m on host betty
  DUMP: Label: none
  DUMP: mapping (Pass I) [regular files]
  DUMP: mapping (Pass II) [directories]
  DUMP: estimated 1140404 tape blocks. <- ここで大体容量がわかる
  DUMP: Volume 1 started at: Tue Nov 28 13:44:34 2000
  DUMP: dumping (Pass III) [directories]
  DUMP: dumping (Pass IV) [regular files]
  DUMP: 11.24% done, finished in 0:39 <- ここで残り時間がわかる
  DUMP: 28.96% done, finished in 0:24
  DUMP: 42.91% done, finished in 0:19
  DUMP: 61.37% done, finished in 0:12
  DUMP: 79.17% done, finished in 0:06
  DUMP: 94.79% done, finished in 0:01
  DUMP: Closing /dev/rmt/0m
  DUMP: Volume 1 completed at: Tue Nov 28 14:17:02 2000
  DUMP: Volume 1 took 0:32:28
  DUMP: Volume 1 transfer rate: 587 KB/s
  DUMP: 1143977 tape blocks (1117.17MB) on 1 volume(s)
  DUMP: finished in 1907 seconds, throughput 599 KBytes/sec
  DUMP: level 0 dump on Tue Nov 28 13:41:30 2000
  DUMP: Date of this level 0 dump: Tue Nov 28 13:41:30 2000
  DUMP: Date this dump completed:  Tue Nov 28 14:17:02 2000
  DUMP: Average transfer rate: 587 KB/s  <- データ転送レート
  DUMP: DUMP IS DONE

###フルダンプが終了したらeth1はupする###
# /sbin/ifconfig eth1 up 

[root@OpenBlockS tmp]# cat /etc/dumpdates
/dev/hda1 0 Tue Nov 28 13:41:30 2000  <- dump履歴を確認してみる

## ここからは個別のリストア方法の説明です ##

ここでは、/home/user1/package を /home/tmp 以下にリストアする。

[root@OpenBlockS user1]# cd /home/tmp
[root@OpenBlockS tmp]# rrestore if betty:/dev/rmt/0m <- 対話モード
Connection to betty established.
rrestore > ?  <- 使えるコマンドの確認
Available commands are:
        ls [arg] - list directory
        cd arg - change directory
        pwd - print current directory
        add [arg] - add `arg' to list of files to be extracted
        delete [arg] - delete `arg' from list of files to be extracted
        extract - extract requested files
        setmodes - set modes of requested directories
        quit - immediately exit program
        what - list dump header information
        verbose - toggle verbose flag (useful with ``ls'')
        prompt - toggle the prompt display
        help or `?' - print this list
If no `arg' is supplied, the current directory is used
rrestore > ls  <- 現在”/”にいる。 リストを表示する。
.:
.rhosts                           lost+found/
bin/                              mnt/
dev/                              proc/
es1h_plat_1.03h_0905-2.tgz.Build  sbin/
etc/                              sys/
ext1/                             tmp/
home/                             usr/
lib/                              var/

rrestore > cd home/ <- ディレクトの移動
rrestore > ls
./home:
ftp/     httpd/   root/    samba/    tmp/     user1/

rrestore > cd user1
rrestore > ls
./home/user1:
.bash_history  OBS-OK/        X.tar          package/       src/
BAD/           RPMS/          bin/           rpm.log        tmp/
OBS/           Run            etc/           sbin/

rrestore > add package  <- リストアするディレクトリを選択/追加
                          (ファイル単位も可)
rrestore > extract  <- リストア対象の選択/追加が全て終了したら、実行する
You have not read any tapes yet.
Unless you know which volume your file(s) are on you should start
with the last volume and work towards the first.
Specify next volume #: 1 <- 通常1で良い(詳しくはdumpのマニュアル参照)
set owner/mode for '.'? [yn] y <- オリジナルのオーナ設定にする
rrestore > quit  <- リストアの終了 

[root@OpenBlockS tmp]# ls -l /home/tmp/home/user1/
total 1
drwxr-xr-x   3 user1    user1        1024 Nov 27 12:52 package
カレントディレクトリ(/home/tmp)の下にフルバスでリストアされてます。

この後必要なファイルを個別に移動させ修復を行います。

以上

この情報があなたの探していたものかどうか選択してください。
yes/まさにこれだ!   no/違うなぁ   part/一部見つかった   try/これで試してみる

あなたが探していた情報はどのようなことか、ご自由に記入下さい。特に「まさにこれだ!」と言う場合は記入をお願いします。
例:「複数のマシンからCATV経由でipmasqueradeを利用してWebを参照したい場合の設定について」
Follow-Ups: