[Subject Prev][Subject Next][Thread Prev][Thread Next][Subject Index][Thread Index]

[vine-users:050057] Re: emacs-21+Mew でも多階調X-Face(Re:Vine2.5 でのXEmacs)


>>>> Sun, 28 Apr 2002 05:28:33 +0900 (JST) の時刻に
>>>> <20020428.052833.41638999.irorin _at_ terra.dti.ne.jp> にて
>>>> "色川" = 烈風戦士 <irorin _at_ terra.dti.ne.jp> さんは書きました:

色川> > emacs21は、それ以前のx-face-cacheをぐずぐずに壊してしまうので、注
色川> > 意を促すのがよいかと思います。もう書いてありますかね...

色川> 書いてないです。現象もつかめてません。

こめんなさい、いらぬ心配をかけてしまいました。
これは、Emacs20.xの作ったcacheファイルがEmacs21.xでは「共有できな
い」と訂正します。現象は以下のようなものです。

Emacs20.xはx-faceを表示するのに、bitmap-muleに付属の
x-face-mule.elを使うのですが、これは一度表示したx-faceを、default
では~/.x-face-cacheというファイルにキャッシュします。

このdefault のまま、Emacs21に乗り換えた場合に、~/.x-face-cacheが
ぐずぐずに崩れてしまいます。

しかし、崩れはするものの、そのファイルの中身を見ない限り、ユーザ
はそれに気づかないと思われます。というのは、x-faceの表示自体は正
常に行われるからです。さらに、Emacs20.xとEmacs21を併用し続けると、
次のような状態になります。

Emacs20.xはそれまでキャッシュしたx-faceが存在しないものと見なして、
本来ならキャッシュされているはずのx-faceをも律義にキャッシュし続
けますが、ファイル自体は崩れたままかわらず、一方、Emacs21はキャッ
シュファイルを崩してしまうくせに、自分ではこのキャッシュファイル
を使いません。x-face-mule.elの冒頭に、以下のように注意されている
のがこのことです。

> ;; 6. Known bugs & todo
> ;;
> ;;    * cache file generated by Emacs versions of 20 and under is
> ;;      not usable with 21+.
> ;;    * same x-face saved in cache file.

以上の現象はbitmap-muleを使う限り、どのMUAを使っていても同じだと
思います。

さて、これは、次のどちらかの操作で回避することができます。

1. Emacs21では、x-face-e21.elを使うこと(必然的にbitmap-muleを捨て
   ることになります)。現状ではこちらを推奨。

2. Emacs21 + bitmap-mule + x-faceで使い続け、さらにEmacs20も併用
   する場合は、x-face-mule-cache-fileの値をdefaultから変更するこ
   と。ただし、この変更がEmacs21に見えないようにすること。

色川> 因に Plus の x-face-xemacs-1.3.6.20-0vl2.noarch.rpm
色川> の中には、
色川> ;; Revised: 2002/03/07 な x-face-e21.el
色川> を同梱してるのですが、これでも壊してしまうのでしょうか?

上に書いたとおり、Emacs21 + x-face-e21.elなら問題ありませんでした。
が、これはXEmacs用のディレクトリにあるのでしょうか? x-face-e21.el
はXEmacsでは使えないはずなんですが、ファイル名にxemacsとあるのが
ちょっと気になりました。

色川> とゆうことで、t-gnus については、(CD 入手後にでも)Vine本体 + Plus
色川> で X-Face の不都合があったら、教えて頂ければ。。。と思います。

t-gnusは自前で多階調x-faceを表示できるコードを持っているので、

XEmacs + x-face
GNU Emacs20 + x-face + bitmap
GNU Emacs21 + x-face-e21

だけで、たいした設定もいらずに即使えます。さらに、XEmacsは
animationもできるし、カラーも使えて、遊び放題です。
# と宣伝してみる :-P

複数のEmacsenが共存している場合、t-gnusの設定ファイル
~/.gnus(.el)の扱いがちょっと難しいかもしれません。全てを各Emacsen
の起動ファイルに書いてしまうのもどうかと思いますし、書いてはいけ
ない関数もあったりするので、t-gnusのrpmに ~/.gnus(.el)のサンプル
があるといいかもしれません。

これから先は、CDを手に入れてから調べます。
-- 
toshi

この情報があなたの探していたものかどうか選択してください。
yes/まさにこれだ!   no/違うなぁ   part/一部見つかった   try/これで試してみる

あなたが探していた情報はどのようなことか、ご自由に記入下さい。特に「まさにこれだ!」と言う場合は記入をお願いします。
例:「複数のマシンからCATV経由でipmasqueradeを利用してWebを参照したい場合の設定について」
Follow-Ups: