[Subject Prev][Subject Next][Thread Prev][Thread Next][Subject Index][Thread Index]

[vine-users:050490] Re: php-4.2.0-0vl2


早川@名古屋です。

on 02.5.14 10:48 AM, Tomohiro 'Tomo-p' KATO at tomop _at_ teamgedoh.net wrote:

>> 'with-pgsql=/usr'といったオプションはでてきません。
> (snip)
>> これはこういうもの(こういう風になった)なのでしょうか?
> 
>   '--with-pgsql=' をつけると PHP 本体組み込みになります。Vine のパッ
>  ケージではPostgreSQLドライバ(pgsql.so)を外部モジュール化して動的
>  ロードを行うようになっていますので、こういうものだと思います。

なるほど。便利になったわけですね。
PHPをVineのRPMで入れるのは3.0.18以来ですので、初見でした。
勉強になりました。ありがとうございました。

on 02.5.15 8:52 AM, MACHINO Satoshi at machino _at_ vinelinux.org wrote:

> えっと、確認させてください。
> phpとしては、--with-pgsqlとか--with-mysqlとかを
> 組み込んで置いた方が良いですか?
> 
> 現状のphp4はphp.iniを含めて
> ほとんど何もカスタマイズしていません。

まだ他の設定ばっかりやってて動作を試してないのですが、
php.ini(/etc/php.ini)に、

extension = pgsql.so

を手動で追加する必要があるのですよね?
だとすれば...

どのバージョンからなのか、
ディストリビューション依存なのか確認していませんが、
VineのApache(1.3.24)では
PHPをインストールしてもhttpd.confを書き換える必要がない
設定ファイルの書き方になっていますね。

動的に判断する記述はいまのPHP4ではできないとすれば、
php-pgsqlのRPMパッケージがインストールされる際に
上記の1行を追加してくれるといいかなという気もします。

まぁ設定ファイル(特にすでに手を入れたもの)を
勝手に書き換えられるのは、
1行追加するだけとはいえ、
自分の流儀(書き方)を無視して行なわれますので、
賛否両論あるかとは思いますが。

パッケージインストールの際に、
「/etc/php.iniファイルに○○しました。」
くらいのメッセージがでるとよいように思います。


-----
With your dreaming, with your smile.
Hayakawa, Hiroshi <hayakawa _at_ sam.hi-ho.ne.jp>
Nagoya,Aichi,JAPAN ☆彡

この情報があなたの探していたものかどうか選択してください。
yes/まさにこれだ!   no/違うなぁ   part/一部見つかった   try/これで試してみる

あなたが探していた情報はどのようなことか、ご自由に記入下さい。特に「まさにこれだ!」と言う場合は記入をお願いします。
例:「複数のマシンからCATV経由でipmasqueradeを利用してWebを参照したい場合の設定について」
Follow-Ups: References: