[Subject Prev][Subject Next][Thread Prev][Thread Next][Subject Index][Thread Index]

[vine-users:056163] IBM ThinkPad=?UTF-8?Q?600E=E3=81=AE=E3=82=B5=E3=82=A6=E3=83=B3=E3=83=89=E5=87=BA?==?UTF-8?Q?=E5=8A=9B=E3=81=AB=E3=81=A4=E3=81=84?= =?UTF-8?Q?=E3=81=A6?=


はじめまして,最近,Vine Linuxをはじめました田頭と申します。 
IBM ThinkPad 600Eのサウンド出力に関して,安定してサウンド出力 
(CD再生等)ができておられる方がおられましたら,その方法を教えて 
下さい。 

当方で行ったことをまとめてみます。 

●Vine Linux Kernel Version:2.4.19-0vl26アップデート済み 

●使用したSound Driver:alsa-driver-0.9.0rc6 
ドライバーインストールには,alsa-driver-0.9.0rc6/utilsに付属していた 
alsaconfを利用。インストールされたドライバーはsnd-cs4236でした。 

インストールした状況(再起動なし)でまずはvlc(videoLanCliant)にてDVD
を再生してみましたがきちんと画像および音がでました。 
(当方のハード環境は,DVDーROMドライブ,Pen II 400MHzで, 
DVD再生のための最低条件となっています。mplayerを動作させてみました 
が,このハード条件では遅すぎると警告が出て,ストップしてしまい 
ました。vlcでは再生する音は音程が不安定で少々スピードの遅いテープ 
レコーダ状態になりますが,なんとか再生できます。) 

次にパソコンを再起動したあと,vlc(videoLanCliant)を起動すると, 
システムがハングアップしてしまいます。キーボード等を押しても反応が 
なく,やむなく、電源を強制的に切って復帰させています。 
vlc(videoLanCliant)だけでなく他のアプリケーションでも,音をだそうと 
するとシステムがハングアップしてしまいます。
ですので,安定動作のために現在では/etc/modules.confのサウンド関係は
削除してあります。 


音(単純なbeep音はでますが,)をだすのをあきらめれば済むのですが, 
できれば音をだしたいと思います。 
どなたか,この環境で音をだすことに成功されておられる方はいらっしゃい 
ませんか。 

alsa-driverはカーネルに依存していますので,当然,Kernel Version
:2.4.19-0vl26用のものにコンパイルして使用しています。また,最初
alsaconfは,alsaconf-0.4.3bを利用してドライバーのインストールをして
みした。ドライバーはsnd-cs46xxがインストールされましたが,とうぜん,
音はでませんでした。ですので,alsa-driver-0.9.0rc6/utils付属の
alsaconfを利用してみました。

あとやることは,alsa-driver0.5の古く開発サポートがストップしている
ものを利用することです。今夜辺りやってみます。が,できれば,最新バージョン
のものを利用したいと思って投稿してみました。

Internetでも情報検索してみたのですが,直接的に参考になる情報は見当たり
ませんでした。alsa関連の動作させるまでは,かなり有益な情報があったのですが。
どなたか,情報お持ちの方,どうぞよろしくお願いします。 

p.s.
当方は,2年ほど前からFreeBSDを利用して主にサーバ用途に利用しています。
そろそろ,日本語環境でもかなりクライアントとして利用できるかなと思い,
Vine Linuxを選択してみました。FreeBSDとLinuxの違いに惑いながら,環境を
構築しつつあります。パソコン歴は10年以上,MacPlusからはじめて,Mac一辺倒
で利用してきましたが,最近PC-UNIXにも興味を持っています。とういうわけで
Linuxは全くの初心者ですので,よろしくご教授お願いします。

この情報があなたの探していたものかどうか選択してください。
yes/まさにこれだ!   no/違うなぁ   part/一部見つかった   try/これで試してみる

あなたが探していた情報はどのようなことか、ご自由に記入下さい。特に「まさにこれだ!」と言う場合は記入をお願いします。
例:「複数のマシンからCATV経由でipmasqueradeを利用してWebを参照したい場合の設定について」
Follow-Ups: