[Subject Prev][Subject Next][Thread Prev][Thread Next][Subject Index][Thread Index]

[vine-users:056484] Re: Vine2.6 でのエプソンUSB スキャナGT-7300U の利用


山口です。

# ドキュメントがヘボくてゴメンナサイ...

On Sun, Dec 01, 2002 at 02:31:27AM +0900, Masaki SHINOMIYA wrote:
> シノバーです
> 
> On Sat, 30 Nov 2002 23:01:59 +0900 (JST)
> Katsumasa Tokubuchi <buchi1 _at_ sag.bekkoame.ne.jp> wrote:
> > 現在、Vine2.6を使用していますが、今回、エプソンのUSBスキャナGT-7300Uを
> > 購入して、以下のような設定を行いましたが、スキャナがうまく認識されない
> > 状況です。
> > 
> > (1)dmesg | tail でVendor/Product IDを調べる。結果は
> >    Vendor=0x4b8,Product=0x11dでした。
> > 
> > (2)/etc/modules.confに以下の内容を追加する
> >    alias char-major-180-48 scanner
> >    options scanner vendor=0x4b8 product=0x11d
> > 
> > (3)/sbin/depmod -a
> > 
> > (4)less /etc/usbmgr/preload.confの最後の行にscannerを追加
> 
> Vine2.6ではusbmgrではなくmurasakiが(たぶん)使われているので
> (4)は有効ではありません。murasakiで同じことをやるのはちょっとややこしい?
> みたいなのでそれはおいといて…。

ややこしい(かも?)の設定方法です。
murasakiでvendor等の指定をする場合、murasaki.dependでalias機能を
使うことをお推めします。
# 同じモジュールで別の装置(この場合はUSBスキャナ)を扱う場合、
# module.confでは不味いからという単純な理由です。

[手順]
1) modules.usbmapからscannerの行(第2アイテムが0x0003のもの)を
   /etc/murasaki/murasaki.usbmapにコピーする
2) murasaki.usbmapのコピーした行を以下のように変更する
	第1アイテム -> alias-7300U
	第3アイテム -> 0x4b8
	第4アイテム -> 0x11d
3) /etc/murasaki/murasaki.dependに以下を追加する(線は含めない)
------------------------------------------------- 
alias-7300U: scanner vendor=0x4b8 product=0x11d
-------------------------------------------------
# scannerのclass,subclassなんかがわかると、もうちょっと
# マシになるんですが、我慢してください。

以上の作業でmodule.confのoptionsを使わずに自動的に
モジュールのロードが可能になります。

----
しう

この情報があなたの探していたものかどうか選択してください。
yes/まさにこれだ!   no/違うなぁ   part/一部見つかった   try/これで試してみる

あなたが探していた情報はどのようなことか、ご自由に記入下さい。特に「まさにこれだ!」と言う場合は記入をお願いします。
例:「複数のマシンからCATV経由でipmasqueradeを利用してWebを参照したい場合の設定について」
Follow-Ups: References: