[Subject Prev][Subject Next][Thread Prev][Thread Next][Subject Index][Thread Index]

[vine-users:056537] Re: Vine2.6 =?UTF-8?Q?=E3=81=A7?= ALSA=?UTF-8?Q?=E3=81=8C=E3=82=A4=E3=83=B3=E3=82=B9=E3=83=88=E3=83=BC?==?UTF-8?Q?=E3=83=AB=E3=81=A7=E3=81=8D=E3=81=AA?= =?UTF-8?Q?=E3=81=84?=


田頭です。
alsaはカーネルに依存していますので,カーネルのバージョンが変更される
度に都度一からコンパイルしなおす必要があるかと思います。

私の場合は,カーネルのソース(vine2.6r1)を展開し,それからalsa本家の
HPからalsa-driver-0.5.12aのソースをとってきて,コンパイルしました。
コンパイル,インストール後,alsaconf-0.4.3を用いてドライバーを選択,
インストールします。

この辺りは,google等で検索してみると結構情報が整理されていると思います。

ソースの展開はtarコマンドを用います。大体,tar xvzf 圧縮ファイル名で,
ソースのディレクトリが展開されます。
コンパイルは,ソースのディレクトリに移って,
./configure --helpでオプションを確認し,
./configure
make
suでrootに移り,
make installでいいと思います。

私は,FreeBSDからlinuxに移ってまもないので,
ソースからrpm形式のファイルの作成の方法がイマイチよくわかりません
けど,おいおい,勉強していこうかと思います。

まずは,googleで調べて情報を集め,そこでわからないことをひとつづつ
質問されたほうがよいと思います。

linuxのrpm形式でのインストールは,PC-UNIXを理解された方は非常に便利だと
思いますけど,私を含めて勉強をする身としてはあまり,勉強にはならないと
思います。やはり,自分でコンパイル等できる最小限度の知識は必要だと思いますので。

最初はたいへんに思われるかも知れませんけど,慣れると簡単です。
まずは失敗覚悟でがんばってください。

追伸
FreeBSDでやってるときは,何度システムをインストールしなおしたことか。
本途馬鹿馬鹿しかったけど,すこしづつ自分のスキルアップにはなっているな
と感じるこの頃です。



2002年12月02日(月)の22時01分に tetsuo kawakami 曰く:
> こんばんは。川上と申します。
> 
> LinuxWorldに付録のvine2.6r1をインストールしました。vineの
> ftpサイトから(VinePlus/2.6)
> 
> alsa-driver-0.5.12a-0vl0.i386.rpm
> alsa-lib-0.5.10b-0vl2.i386.rpm
> alsa-utils-0.5.10-0vl3.rpm
> alsaconf-0.4.3b-1.noarch.rpm
> 
> をダウンロードして、
> 
> #rpm -ivh alsa-driver-0.5.12a-0vl0.i386.rpm
> 
> とすると
> 
> エラー: 依存性の欠如:
> 	kernel = 2.4.18-0vl3は alsa-driver-0.5.12a-0vl0 に必要とさ
>         れています
> 
> といわれてインストールできません。メッセージから推測するとこ
> のrpmはkernel-2.4.18-0vl3用のもので、2.6で採用されている
> 2.4.19には使用できないということでしょうか?
> 
> 2.6でインストールするためには、どのような手順をふめば良いで
> しょうか?
> 参考となるURLなどがあれば、ご教授下さい。
> よろしくお願いします。
> 
> 

この情報があなたの探していたものかどうか選択してください。
yes/まさにこれだ!   no/違うなぁ   part/一部見つかった   try/これで試してみる

あなたが探していた情報はどのようなことか、ご自由に記入下さい。特に「まさにこれだ!」と言う場合は記入をお願いします。
例:「複数のマシンからCATV経由でipmasqueradeを利用してWebを参照したい場合の設定について」
Follow-Ups: References: