[Subject Prev][Subject Next][Thread Prev][Thread Next][Subject Index][Thread Index]

[vine-users:057022] Re: i810 のX が死ぬ


小野寺です。その後のその後報告です。

> やっぱりドライバが悪いような気がするので、むらかみさんからアドバイスいただいた
> 
>>1番に関してはkernelのdrm/driドライバ(agpgart/i810.o)がうまく働いてないのが原因かもしれません
>>別途
>>http://dri.sourceforge.net/snapshots/i810-20021022-linux.i386.tar.bz
>>を使ってドライバモジュールを作りなおすと直るかもしれません。
> 
> をいれて、様子を見ています。

どうもダメで、めんどくさいからシステムまるごと入れなおしました。
その後、モジュールでのフレームバッファ表示(なんか言い方変なような気がする)に切り替えました。

それでもたまに落ちたので、
Section "Device"
>        Identifier "Linux Frame Buffer"
>        Driver "fbdev"
>        BoardName "Unknown"
>        Option "ShadowFB"←追加
>EndSection

して、BIOSのアパーチャサイズを32MBに変更後、モジュールのパラメタにオフセット値を明示してみました。
(voffsetのところ)
>modprobe i810fb vram=2 xres=1280 yres=1024 bpp=8 hsync1=32 hsync2=65 vsync1=50 vsync2=75 voddset=8 accel=1 mtrr=1

今のところこれで落ちていません。
#メモリサイズを下げたからかなぁ…
でも、まだXを終了するときはドキドキものです。

起動時にロゴが出てこないのは少しさびしいですが、安定性には変えられません。

-----
Tsuyoshi Onodera

この情報があなたの探していたものかどうか選択してください。
yes/まさにこれだ!   no/違うなぁ   part/一部見つかった   try/これで試してみる

あなたが探していた情報はどのようなことか、ご自由に記入下さい。特に「まさにこれだ!」と言う場合は記入をお願いします。
例:「複数のマシンからCATV経由でipmasqueradeを利用してWebを参照したい場合の設定について」
Follow-Ups: References: